高山植物保護のロープ張り

 宮城蔵王ガイド協会では、2020年6月6日、高山植物保護のロープ張りを行いました。刈田岳から熊野岳までの馬の背稜線地域です。

 馬の背稜線の高山植物生息地域、熊野岳避難小屋下のコマクサ群生地域、そして、今年から刈田岳の、通称「ニセ刈田」のコマクサ群生地域です。宮城県自然保護課の資材提供のもと、高山植物保護のため、ロープで通行可能な道を示しています。

 熊野岳避難小屋下では、御釜とコマクサが見られる「展望台」を新設しました。(4番目の写真)

 蔵王の美しい自然と高山植物を次の世代に残そう、という趣旨をおくみいただき、蔵王のすばらしさを堪能いただきますよう、お願い申し上げます。

各写真は、クリックすると拡大されます。





ページのトップへ戻る

宮城蔵王ガイド協会ホームへ