最近の出来事

みなさまこんにちは!ガイド協会3年生のHP担当です。6月に入り早10日。関東地方まで梅雨入りとなり、間もなく我々(ががじゃないですよ笑)が住む南東北も梅雨入りです。
前回のえぼしのシロヤシオ山行から2つの出来事がありましたのでご紹介します。
去る6月4日、宮城蔵王ガイド協会設立20周年記念南蔵王縦走山行がありました。昨年開催予定でしたがコロナ禍により中止した山行でした。
刈田峠を出発し、白石スキー場まで歩きました。縦走登山と言うと交通の便が発達した日本アルプス等と比較すると東北はまだまだハードルが高いですが
この日はざおうさまバスでの送迎付き。快晴とはいきませんでしたが風も通り過ごしやすく、歩きやすい一日で前日の雨もあり瑞々しい花々と巡り合う事ができました。
特に不忘山頂周辺ではこの時期の主役、ハクサンイチゲやユキワリコザクラ等と出会え、参加者の皆さんからも感動の声が聞こえました。
6月11日はお釜周辺のコマクサ保護のロープ設置作業を行いました。会員11名、一般の方も4名参加して頂き、ニセ刈田、馬の背、熊野岳の各班に分かれ作業をしました。
作業は順調そのもので8時から開始し、11時前には終了。作業終了後は各々の時間を過ごしていました。
今年度もコマクサを撮影される際はロープから出る事なく、マナー良く行動して頂きます様お願い致します。
今年で20周年を迎えさせて頂いた宮城蔵王ガイド協会ですが、昨年からHPを担当させて頂き今年で2年目、サーバーの古い資料には
かつての山行のチラシ等も一部格納されており、先輩方の“若さ”も一部垣間見え、今の円熟した先輩方とは少し違う様子も伺えました。
時代に合わせて変えなければ行けない事、変えてはいけない信念等様々な事を思い描き、これからも過ごして参りたいと思いました。
当日の様子です

6月4日南蔵王縦走、不忘山頂にて

6月11日コマクサ保護ロープ設置、熊野岳避難小屋前にて


ページのトップへ戻る

宮城蔵王ガイド協会ホームへ